小さなテロップが出るのに気がついた

ビールのCMをみていて下のほうに小さなテロップが出るのに気がついた
そのCMはビール工場で撮られていてタレントが1人と工場の従業員(これもエキストラだろうが)が並んで商品のアピールをする演出だ
そのCMには「ビール工場には通常一般の人は入れません」という注意書きが流れるのだ
「分かってるよ!」「CM見て「私も行こう」なんて奴いないよ」と心の中でつっこんだ

でもしかし今と言う時代は何事にも注意が必要なようで
割り箸の袋には「爪楊枝が入っています開ける際に怪我をなさらないよう注意してください」と書いてある

ちょっとした容器には「開ける際に爪などを傷つけないようご注意ください」とくる

この風潮どこまでいくのだろうか。

ちょっといい話
先日ブエノスアイレスの空港で欠航や遅延が多数発生した日があったらしい
多くの人が係員につめより一時騒然となったらしい

そこに偶然居合わせたのが米国歌手のシンディ・ローパー
空港の雰囲気を察知した彼女は係員のマイクを手にして彼女の最大のヒット曲「GIRLS JUST WANNA HAVE FUN」を歌いだしたというのだ
居合わせた人々はシンディに気付き大合唱となりその場にいた人々の雰囲気が一気になごんだという

さすがというかなんというかいかにも天性のシンガーらしいエピソードだ

シンディのような世界的なヒット曲をもっている人にのみできる行為でもある

音楽の力とはすごいものだそしてそれを生み出す人の力も

 


包茎の矯正器具について

男性の陰茎は勃起した時などど大きさが変わりますよね。仮性包茎の場合は真性包茎と違って亀頭部分の皮が動きにくいので大きさが変わると矯正器具が外れてしまったりしてなかなかうまくいかないことが多かったのです。

場合によっては射精することもあるかと思います。また、包茎手術で性感帯が傷つき、感度が鈍ることで不能となってしまうことも有り得ます。もちろん射精ができなければ、子供を作ることはできませんよね。 不安定な器具での矯正より、いっそのことクリニックで包茎手術を受けるという判断をするのもアリかなと思います。